誰でも手軽にできるウォーキングの3つのメリット

最近ウォーキングにハマっている。

公園では多くの人がウォーキングしている。

以前は、歩いて何が面白いんだとバカにしていたのだが、今となっては自分も完全にウォーキング信者である。

ウォーキングには3つのメリットがある。

1.下半身を動かすことで健康になる

人間の下半身には筋肉の7割が集まっている。歩くということは、必然的に大部分の筋肉を動かすことになる。人間は下半身を動かしている間は大丈夫である。ベッドに寝たきりになれば、ぽっくり逝くのは時間の問題だ。

歩くことで生涯健康で暮らしていける。

2.いろいろ考えることができる

家族がいると、なかなかひとりの時間なんて取れない。落ち着けるのは布団の中だけなんて人もいるだろう。

ウォーキングしている間は、自分との対話ができる貴重な時間だ。あれをやりたい、こうしたらどうだろう、次の休みは何しような、とか自分はいろいろ妄想するのが好きである。

人間は想像できる動物だ。想像できることは実現できる可能性がある。歩くことでいろんなアイデアが浮かんでくることもある。

3.ストレス解消になる

サラリーマン生活はストレスの連続だ。どこかでストレス解消しないとパンクする。ウォーキングはストレス解消の大事な一部だ。足を動かし、景色も見ながら、いろいろ考えることでストレス解消できる。

30分も歩けば体も温まってくる。その時は悩みも一時的だがどこへ飛んでいる。いろいろ小さなことにくよくよしていた自分に気づく。どうでもいいやと思えるようになる。

ウォーキングすることで心身の健康を保つことができる。

空いた時間で散歩してみよう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。