~物量と継続のみ、1個失敗したぐらいで諦めるな~ 聖帝先生と足立先生のセミナー参加報告③

~勤め人はなぜ苦しいのか~ 聖帝先生と足立先生のセミナー参加報告①

~サラリーマンが一番簡単~ 聖帝先生と足立先生のセミナー参加報告②

足立先生の優しくも厳しい言葉は続く。

アフィリエイトは副業に最適

今でこそアフィリエイトは知る人には普通のビジネスになった。

足立先生はアフィ歴7年で、最初の2年はとにかく稼げなかったらしい。

自分のように遠回りしてほしくないので、個人的にコンサルしたり、先人に指導をうけることを説いているとのこと。

アフィリエイトは小さなテレビCMみたいなモノ、広告業である。

モノを売り込む必要があるので、マーケティング能力全般が求められる。

簡単に身につくものではないが、この能力は人生においても必ず何かしら必要になるものだ。

仕事、家族、友人、異性、趣味・・・、マーケティングを身に付けておいて損になることはない。

アフィリエイトのもう一つの魅力は、ジャンルは無限大だということ。

クレジットカード、ダイエット、投資とか・・・激レッドオーシャン分野に初心者が突っ込んでも勝ち目はないが、心配しなくてもジャンルはまだまだ無数にあるのだ。

自分の関心ごとでいうと、逆ぶら下がり、住宅ローン家族持ちの副業、大企業でゆるく生きる、将棋観戦・・・まだまだニッチな分野はあるはず。それが稼げるかは自分次第だ。

軌道に乗るまではとにかくやり続けること

足立先生は今まで累計400以上!のサイトを作ってきたとのこと。

現在、手持ちで管理しているのが30サイトぐらい。

稼げるサイトは3割ぐらい、残りの7割は稼げない。

つまり、10個サイト作れば、やり方があっていれば3個のサイトは当たるのだ。

数うちゃ当たるの法則がここにもある。

当たるまでやり続けるしかないのだ。

通勤するのにモチベーションいる?ルーチンになるまでとにかく続けろ

それをやるのが当たり前になるまで、平準化しろ。

足立先生いわく、モチベーションなんか当てにならない。

毎日歯磨きするように、毎日通勤するように、とにかく習慣になるまで作業を平準化するのだ。

私も仕事はしたくないが、毎日会社まで通勤はしている。

「よし!気合い入れて今から通勤するぞ、ファイト!おれ!」ってな具合に、通勤に気合いれたことはない。通勤自体は楽勝で、インフルエンザでもない限り通勤自体はまあできる。

これなのだ。

この状態まで、自分がやるべき副業の作業をルーチン化、平準化するのだ。

1サイト作ったけど、全然稼げない。

3か月やったけど、全然稼げない。

まだだ、そんなんじゃまだスタートラインにも立ててない。

今から、自分だけのビジネスを立ち上げようとしているのだ。

1年継続、もしくは10サイト作ってから、適正を見極めよう。

自分にはまだ作業量が圧倒的に足りてない。

~アフィリエイトで稼ぐには、記事を書くしかない~ 聖帝先生と足立先生のセミナー参加報告④

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。