アンパンマンの今夏映画前売りチケット購入、2200円で子どもと遊べるなら安い

今年のアンパンマン映画は「かがやけ!クルンといのちの星」、6月30日公開。

ゲスト声優は杏さんとアンジャッシュ。

親子ペア鑑賞のムビチケは2200円。

これにグッズがついてくるし、映画を見て、子どもと話すネタもできる。

アンパンマン映画はコスパがいいのだ。

王道のアンパンマン、安心して見れる

子どもならだれでも知ってる、大好きなアンパンマン。

私の子どものころからあったし、もう説明しようがない。

ただ子どもができて、一緒にアンパンマンを見るようになると、知らないキャラクターが増えていて新鮮だ。親も結構楽しめる。

毎年新作映画が公開されるが、ストーリーの基本は同じであるし、子どもが飽きないよう工夫されているので安心である。

前売りグッズと当日鳴り物?がもらえる

前売りチケット買ったときにもらえるグッズは、肩がけできるポーチ。

つくりは値段なりだが、アンパンマンのグッズというだけで子どもには満足なのだ。

今年のやつは結構使えそうな感じではある。

斜めがけして郵便屋さんごっごや、実用的にもハンカチティッシュ飴玉ぐらいは入る。

まあ後は子どもにお任せである。

あと、例年鑑賞当日には鳴り物グッズがついてくる。

映画オープニングにでてくる楽器に対応していて、今年は予告を見た感じだとタンバリン的な何かだろう。

映画のオープニング時に実際使えるし、あとは家でおもちゃとして使える。

映画鑑賞とグッズがついて2,200円なので十分お得である。

映画見た後に子どもと話すネタができる

映画を見た後で、キャラクターの名前やアンパンマンがピンチの場面、誰が顔を投げたとか!?、まぁいろいろ話すネタができる。

子どもも目をキラキラさせてしゃべるだろう。

映画館で見るというのも子どもにとっては新鮮だろうし、知らない子がたくさんいて興奮することもある。

映画のことについていろいろ聞いてお話させると、記憶が定着しやすい。

もし映画中にぐずってあまり見れなかったとしても、それはそれでよい経験。映画館が向いてないのか、たまたま機嫌が悪かったのか、やってみないとわからない。

前売りチケット買って、強制的に予定を立てよう

アンパンマン映画だけではなく、見たい映画は前売りチケットを買うに限る。

少し値段が安いし、何たってチケットを買えば100%観にいくようになる。

チケットを買って、映画を観に行く日を決める。

これだけで機会を逃さないし、やりたいことを実現できる。

あとは当日、子どもの調子がよければいうことはない。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。