お風呂の椅子捨てたら風呂場が広くなって快適、今まで何やってたんだか・・・

お風呂場の椅子、引っ越し当時からの備え付けのデカいものだったが思い切って捨てた。

全然使ってないし、なんたってデカすぎた。

捨ててみたら、風呂場が広くなって新鮮。

むしろ、いままで何で置いてたんだよ。

風呂場に対して、椅子がデカすぎる

お風呂に入るときは子ども2人と一緒にはいるのだが、体を洗う場所に対して椅子がデカすぎた。3人がいっぺんに体を洗おうとすると、もうギッチギチ。

3人のうち2人は幼児だぜ。

椅子どんだけスペースとってんだよ。

つーか、この椅子、デカすぎて座りにくいし、全然使ってないし。邪魔すぎる。

妻に思い切って聞いてみた、

「風呂場の椅子邪魔なんだよね、捨てたいんだけど・・・」

私も使ってないしね

誰も使ってないものに2年以上スペースをとられていたとは。

風呂場だぜ。毎日使うかなり重要な部屋のはず。

ソッコーで捨てたった。

広い、風呂場が広い、体が洗いやすくて快適だ

椅子を捨てたら、風呂場が広くなった。

子どもと一緒に体を洗っても、まだ広い。快適すぎる。風呂って最高。

今まで椅子を無駄に置いていたのが悔やまれる。

使ってないものにスペースをとられるのは悔しい。家賃払ってもらおう。

まだまだこういうやつはいっぱいあるでしょ。

使ってないものはどんどん捨てて、すっきりした家にしていきたい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。