久々に献血に行ってきた、簡単に社会貢献できてアイスも食べれる

20代のころはよく献血に行っていたのだが、30代になってほとんど行けていなかった。

思い立って、行くことにした。

行ったのは三宮センター街にある献血センター。

ここはアイスが食べれるので、夏はとくにいいですな。

献血できるのは健康な証拠

寄付するから金持ちになる、とは違うかもだが、献血できるのは健康な証拠である。

これは個人的意見だが、定期的に血を抜くというのは体にいいような気がする。

血が急になくなることで、体に喝が入り健康体スイッチが入る、気がする。

輸血を待ってる人がいる

献血したときにもらえる説明書に書いてあるが、献血した血は翌日には使われるそうだ。

新鮮な方がいいということか?あとは輸血がやはり日々大量に必要とされているのだろう。

今日やったのは400ml献血だが、輸血が必要な人には大量に使用されるだろう。

だから、街頭で毎日献血呼びかけしてるのかな。

献血は簡単にできる社会貢献である。

飲み物もある、献血後はアイスも食べれる

献血センターには無料のカップ自販機がある。

献血前と後には十分水分補給するよう言われるので、おおいに利用するべきだ。

ただ、献血前は暖かい飲み物がいいらしい。

この時期だと冷たいジュースが飲みたくなるが、そこは我慢しよう。

献血後は、アイスが1個無料でもらえる。

ストッカーにいくつか種類があって、ボリュームを選んでバニラモナカにした。

涼しいロビーで休憩しながらアイス食べるのは至福だよ。

献血した達成感で、ダイエット中であろうとも罪悪感はこれっぽっちもない。

色々もらえる献血センター

今はWEB上で過去の献血データが閲覧できるらしい。

それに仮登録した特典として、附箋セットをもらった。実用的で得した気分だ。

あとは先着でミニクロワッサンももらった。

いつも何かしらサービスをやっているようだ。

ポイントカードもあり、一定回数ごとに記念品をもらえるシステムもある。

かなり前に何かもらった記憶はあるが、品は覚えてない。

献血センターも利用者を増やすためにあらゆるサービスを打っている。

自分の健康のバロメーターでもあるので、今後も定期的に献血しよう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。