久々の妻フリーの日、半日だけの育児だがつらい、親も楽しまないと子どもは敏感に感じ取る

久々の妻フリー。

今日は私が子どもの面倒を見る日。

なんとかなるでしょ、と思っていたが惨敗だった。

午前は長女を保育園に送り、長男と遊ぶ

午前は平和だった。

長男はだいたい10時過ぎるとお昼寝。

今日は15分くらいで寝てくれた。

寝てくれると、あとは自分の時間となるのだが、隣でスマホ見てたら自分も寝てしまった。

寝付かせているとよくある。

ごはん食べてくれない

お昼。妻が用意してくれていたご飯を長男に食べさせる。

が、全然素直に食べてくれない。

しまいには皿をひっくり返してしまう。

ご飯はあきらめて、ビデオを見せることにした。

育児は孤独といわれるが、この時点でもう泣きそう。

つらい。なんでやねん。

世のお母さんたちと比べれば屁みたいなもんだけど、仕事の方が全然楽だわ。

午後、遊びについていけずイライラ

長女を保育園から連れて帰り、おやつを食べさせる。

そのまま長男と仲良くビデオでも見てくれるかな、と思っていたがやはり遊びたいらしい。

絵本やぬり絵、風船遊び、お馬さん、いろいろやるが、

「あれ、時間って止まってるのかな」ってぐらい長いわ!

こんなにも時の流れって遅かったっけ。

もう、遊びに付き合うのに疲れて、だんだんイライラしていようだ。

子どもたちもそれを感じ取って、言葉が乱暴になってくる。

ますます険悪になる。

もうダメだ。

妻が帰ってくると平和が訪れる

夕方前に妻が帰ってきた。

子どもたちが一斉に玄関へ走っていった。

そして、自分も力が抜けてほっとする、助かった。

その後は何事もなかったように、また子どもたちと遊ぶ。

何なんだろう、お母さんが家にいるだけでこうも違うかな。

冷静になると、ちょっと生真面目になりすぎだなと反省する。

ごはん食べなくてもなんてことはないし、子ども遊びに付き合うのに疲れたらちょっと休憩すれば良かったんだし。また完璧主義の悪魔が取り付いていたようだ。

適当でいいんだよ。

親も楽しんで遊ぶこと、親の遊びも半分まぜる

今回は遊びに付き合うのに生真面目になりすぎてイライラしてしまった。

子どもは敏感に感じ取るね。

なんでも子どもの言う通りに付き合う必要もないよな。

子どもの遊びをやったら、ボッチ遊びと称して休憩はさんだり、自分がやりたいことをやってもいいんだし。親が楽しんで遊んでると、子どもは興味なくても安心するんだよね。

自分としてはTVゲームやりたいんだけど、まだ幼児には早すぎるか。

今日は長女の体調もあまり良くなかったので外出はしなかったが、ずっと家にいるのもきついな。体動かさないと鬱ってくるわ。

妻は久々のフリーでストレス発散できたようだ。

「今日はありがとう」と言ってもらえて救われた。

次回はもっとテキトーに子どもたちと付きあう。自分がやりたい遊びもやろう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。