余裕がない人は一発逆転を夢見てさらに貪する、楽になるためにはコツコツ継続することが一番

サウザー氏や足立先生も言っているこの言葉、「一発逆転などない」。

でもね、しがないサラリーマンは夢見るんですよ。

「宝くじで一発あてる」

「仮想通貨で億り人」

「FXで脱サラ専業」

冷静に考えればわかることなのに、なぜこんなことを本気で考えるか。

それはもう余裕がないから、に尽きる。

余裕がないので、焦ってなんとかしたい、楽して何とかしくて、とんでもないことに手を出し、さらに下へ転がっていく。

FXでやっちまった話

私もつい最近だが、FXのトルコリラにハマって、100万円やっちまったことがある。

あのときは、史上最安水準といわれたトルコリラに突っ込んで、上がるのを本気で信じていた。

結果は御覧の通り、史上最安の40円から30円、25円、さらに落ちてるやないか!

ロスカットを食らったときはもう茫然とするでもなく、現実を直視せず、なんかただ腑抜けになってた。FXに訳もわからず突っ込んでる時点で腑抜けなのだが。

一発逆転の罠

今は時間もたったので、あの時の状況が少しわかる。

FXに大金を突っ込んで、楽してさらなる大金を得ようとしていたのだ。

つまり一発逆転を狙ったのだ。

経済的に豊かで、実生活も満たされている人が、宝くじやFXに身の丈以上に突っ込むだろうか。

もちろんそんなことする必要がない。

一発逆転を狙うのは、何かに飢えていて、余裕がない人だ。

余裕がないので、少しでもうま味が欲しい。すぐに欲しい。

目先のうま味が欲しい。

だが冷静に考えれば、そんなうま味は簡単に手に入るはずもない。

簡単に手に入るものには、うま味もない

誰でもが簡単に手に入るものに、高い価値は望めない。

FX業者は、客が取引すればするほど儲かるようになっている。

だから、何としても多く取引させたい。

一見お得なキャンペーンもバンバン打ってくる。

目先のうま味しか見えない人は、すぐに飛びつく。

そして、きれいに刈り取られていく。飛びつく前より、ひどい状態になっている。

結局、小さなことをコツコツ継続していくことが一番の近道

余裕がない人ほど、楽して美味しい思いがしたいと思っている。

そこを頭がいい連中に狙われて、搾取されてしまう。

簡単に楽になれるなら、みんな楽してるだろう。

でもヒーコラ言って苦しんでいる人も多い。

この社会で楽になるためには、結局小さなことをコツコツ継続できることが一番の近道である。

このブログの更新しかり、仕事、副業、筋トレ、趣味、あらゆるものに奇跡の一発逆転なるものは存在しない。

一定の時間と作業量をコツコツ投入して、ある時芽が出てくる。

それでも収穫するにはまだまだだ。

だからやっぱり継続するしかないのだ。

うま味がとれるまでは、ひたすら没頭して継続あるのみだ。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。