歯ブラシだけでは歯の間の汚れはとれない、糸ようじをやれば完璧だ

歯磨きはみなやるだろうが、それだけでは半分以上汚れは残っている。

歯磨きの後の補完として、フロスや歯間ブラシの使用が必須である。

私は糸ようじを使っている。

歯ブラシの後が大事

歯ブラシはメイン作業として必須だが、それだけではまだ不十分である。

歯と歯の間、まだあそこに大量のカスが残っているのだ。

歯ブラシでもある程度はとれるが、歯と歯の密着したわずかな隙間は歯ブラシでは無理だ。

物理的に入りにくいし、磨けている感触も皆無だ。

特に寝る前はしっかり口の中を掃除しないと、菌が増殖してしまう。

歯ブラシの補完作業が必要だ。

歯間ブラシの特徴

補完するアイテムとしてフロスと歯間ブラシがある。

厳密にはこの2つは用途が微妙に異なるが、これらを使い分けるのはマニアックすぎる。

なのでどちらか1つに絞ろう。

まず歯間ブラシだが、これはその名のとおり先端にブラシがついている。

これを歯と歯の間に入れてカスを掃除してやる。

これの使いにくいところは、歯が密着したところには入りにくいのだ。

ブラシが入らなければ掃除できない。

サイズはかなり小さいものまであるが、小さすぎると今度は歯の根元を掃除しにくい。

フロスの特徴

フロスは糸で歯と歯の間を物理的にこすって掃除するものだ。

かかりつけの歯科ではこれをやってくれる。

フロスは糸なので、歯と歯の密着した隙間も通すことができる。

密着した隙間は糸を通せば、それだけカスを掃除することができる。

しかし、こちらも歯の根元は掃除しにくい。糸なので、隙間の広い根元は何回かこすってやる必要がある。この点、大きい歯間ブラシは隙間の広いところは得意だ。

フロスは歯科でもそうだが、両人差し指に巻き付ける必要がある。

これが、手の大きい男性にはなかなか厳しい。

自由に動かせるのは前歯くらいだ。奥歯は、もう物理的に手が入らないし、必然的にこする動作もできない。

自分は、奥歯はどうやってもダメで、あきらめてしまった。

そこで糸ようじである。

糸ようじは糸を指に巻き付ける必要がない

糸ようじはピックにすでに糸が張ってある状態だ。

これを歯間に入れてこするだけでOKである。

指に巻き付けるフロスよりも断然にやりやすい。

これは奥歯をやるときほど顕著だ。鏡を見ながら、奥歯の歯間に対してフロスを投入していく。最初は前歯よりもやりにくいが、慣れれば簡単だ。

糸は6本張ってあり、これでカスを絡めとることができるそうだ。

ちなみにおしりのピックは、歯の裏や歯間を引っ掻いて掃除できるようになっている。

私はその都度使い捨てている。衛生的にも1回で1本使うのがいいだろう。

まとめ

歯磨きの後には、補完のための掃除が必須。

それには糸ようじがおススメである。

現在は60本で600円程度。1本10円として、年間3600円。

歯の健康を守る分としては安い。糸ようじを使っていれば虫歯になりにくいし、それこそ歯を失えばクオリティライフどころではないのだから。

小林製薬の糸ようじ  フロス&ピック デンタルフロス 60本 (おまけ付き)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。