じっとしてるとネガティブになる、毎日軽い運動をしてストレス発散しよう

1日中部屋の中でじっとしていると頭がおかしくなってくる。

頭の中はネガティブワードで埋め尽くされ、外に出るのもおっくうになり、ますますダークサイドへ引き込まれていく・・・。

ネガティブ状態を切り替えるには、運動が一番。

毎日軽い運動をしてストレス発散しよう。

心と体は連動している

健全な魂は健全な肉体に宿る、のごとく体が健康だと気分も上機嫌だ。

体がなまっていると、だんだん気分も落ちてくる。

気分が落ちてると、まずやる気が起きない。やる気がないので、外に出るのが大変だ。

外に出てしまえばあとは何とかなるのだが、始めるときが一番パワーがいる。

外にも出られないほど鬱気味になると復帰に時間がかかるので、日ごろから心がけておく必要がある。

体を動かすことで上機嫌になる

鬱な気分を吹き飛ばすには、運動が一番だ。

毎日軽い運動をすることで気分を上げておくことができる。

最初はおっくうだが、慣れてくればこのハードルは超えやすい。

運動することで気分が上がることが分かっているので、運動せずにはいられなくなるのだ。

誰でも運動した後の爽やかさ、心地よい疲労感、何でもやったるでの全能感?は体験したことがあるのだが、運動しないでいると忘れてしまう。

最初の一歩さえ踏み出してしまえば、あとは体が勝手に動く。やるだけだ。

無理にランニングや筋トレしても続かない、物足りないくらいがちょうどいい

運動というと、ランニングやハードな筋トレをやるものと意気込む必要はない。

自分にとって無理な運動をやっても続かない。嫌になってますます運動嫌いになるだけだ。

最初は軽い運動を1分間やるだけでいい。

1分間だけじゃもったいなくて5分くらいやってしまうだろう。

物足りないな、くらいでちょうどいいのだ。

私たちはアスリートじゃないのでストイックに追い込む必要はない。

楽しく運動を継続できることが一番重要だ。

簡単なのは歩くこと、歩くだけで体も心もスッキリする

一番手軽のなのは歩くこと、ウォーキングだ。

私も通勤時に週に1回は徒歩通勤するようにしている。

歩くことに何も特別なものはいらない、いつでも始められる。

15分歩くだけで体が軽くなり頭もスッキリしてくる。

ウォーキングが習慣になれば、ちょっといいシューズを買うのもいい。

シューズが良ければ歩くのがますます楽しくなるので、先に買ってしまうのありだ。

私は歩くときは、ラジオや音楽、オーディオブックを聴くこともある。

また、目当ての喫茶店やマック、銭湯などをコース中に交えると楽しみも増える。

毎日5分だけでいいので軽い運動をしよう。

それだけで上機嫌になり、人生が楽しくなるよ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。