~労働者はなぜしんどいのか?~ 超入門資本論 木暮太一著

サウザー氏推薦の本。

マルクスの資本論を学ぶうえでこれ一択の本。

サラリーマンはいつまでたってもしんどい

サラリーマンの給料は成果で決まるわけじゃない。

明日も元気に働くための必要最低限コストが給料である。

独身若手は、疲労を回復するコストが安いから給料が安い。

ベテラン窓際社員は家族を養わないといけないので、給料が高い。

労働力を回復させるための必要経費のみなので、給料一本では一生楽にならない。

成果給などハナクソ程度、日本のサラリーマンは搾取され続ける

日本の大企業で導入されている成果報酬は形式だけ。

評価の上と下で給料が倍に開くことはありえない。

5%程度、つまり誤差、成果出しても出さなくても給料は「ほぼ」変わらない。

出世してもさらにコストが上がるだけ、苦しいのは変わらない

給料を増やすために出世しても、その分の必要経費も上がるので結局楽にならない。

責任、仕事量も増えて、ますます消耗する可能性大だ。

著者が提言する働き方とは、高い給料を目指すのでなく

「昇給」の代わりに、「自分の必要経費を下げる働き方」を目指すべきです。

給料が高い仕事は、その分必要経費が高い。

必要経費が高くない仕事を選ぶべき。

または、他人にとっては経費の高い仕事だが、自分にとっては楽にできて経費が安い仕事を選ぶべきだ。

ストレスまみれで、休日は散財しないとやってられない仕事は問題外ということ。

お金を失うだけならまだましで、自分の命、健康を失ったら取り返しがつかない。

自由になるには会社に依存しない生き方を選択する

サラリーマンは搾取の対象だが、手厚い保護も受けられる。

飼いならされた家畜が急に独立するのは、危険すぎる。

サラリーマンという立場のメリットを最大限生かし、なおかつ希望の芽を少しずつ育てていくのだ。

一発逆転はない。

楽な幻想に走ればなおいっそうカモられる。

少しずつ、少しずつ、自分ができるチャレンジを積み上げていく。

自分の商品を作る。

ビジネスモデルを構築する。

収入を分散化する。

あとはやるかやならいかだけ。

会社一本に頼る奴隷サラリーマンから、自分で好きに暮らす人生を選択しよう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。