出世しなくてもいい、サラリーマンの小さな世界でドングリの背比べしてても消耗するだけ

会社の利益は株主、オーナー、役員が得るようになっている。

サラリーマンはどれだけ頑張っても、金持ちにはなれない。

役職による給料の差は誤差の範囲。

小さな小さなハコの中で、俺の方が役職が上だとかドングリの背比べしてても、結局みな働かされるんだから頑張るのはやめよう。

がんばったら出世できる、この幻想から自由になる

サラリーマンはみな働ぎすぎている。

ほんとに真面目だ。会社にとってこんなに喜ばしいことはない。

頑張りが認められると、出世できる。

大企業なんかだと、全く出世しないのも難しくなる。

出世するのが大正義、みな上へ上へ行くために夜遅くまで頑張る。

出世すると、役職とわずかばかりの賃金アップ、そしてはるかに大きい責任感と拘束時間を手にする。

奴隷のランクが一つ上がるだけだ。

数多くの奴隷たちを束ねるために、もっとがんばらくては。

奴隷はどれだけ頑張っても奴隷のまま。

他人のために働き続ける運命である。

会社でフルパワーを出し続けると、会社の奴隷になるしかない

奴隷だからといって悲観することはない。

不真面目になって適当に考えるだけで、ずいぶん楽になる。

会社一本の人生で、会社に人生を注いでいると、何か失敗したときにダメージが大きい。

会社でフルパワーを出し切っているので、自宅に帰っても寝るだけ。

ハンパないストレスで、会社の給料は散財してすぐ消えていく・・・。

会社の仕事一本だけでは、会社に依存せざるを得ない。

まさに奴隷。

会社だけで消耗しないように、仕事は適当にやるべきだ。

余ったパワーは自分の商品作りに注ぐ

会社外の時間とパワーができたなら、自分だけの商品づくりに取り組む。

時給バイトや、雇われ仕事はまた消耗するだけなので、おすすめしない。

ブログやアフィリエイト、オリジナルコンテンツを作って資産をためていこう。

副業で収益化するのは時間がかかるが、ここは気長に継続するしかない。

本業で最低限のお金は稼げるので、時間と気力をフルに使って芽を育てていく。

副業でどんどん楽に、自分の感情に敏感になる

やればやるほど楽になる。

働いているという感覚され忘れた。

そうなったら最高だ。

自分に正直になるために、自分が今何を感じているのかを意識する。

嫌だな、つらい、めんどくせぇ、こんなことを感じているなら、長くは続かない。

ただでさえ会社でイヤイヤ働いているなら、副業は自分が好きなこと、得意なことをやろう。

稼ぐだけなら残業代を狙った方が簡単だ。

だが、ほんとに自由になるなら会社からの依存度は極力下げていくべきだ。

お金は後でついてくる。

今は一番貴重な財産「時間」を有効に使うことに専念する。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。