サラリーマンは知らず知らずに搾取され続ける、まずは防御をかためることが重要

サウザーラジオ番外編にて、消費者金融から多額の借金をしながらも、わずかな貯金をして逆転をめざす男性の紹介があった。

サウザー氏から厳しいコメント、「基本詰み」。

サラリーマンはボケーとしてると、どんどん労働力とお金を搾取される。

一発逆転を目指して、消費者金融に手を出そうものなら地獄の入り口だ。

経済的独立を目指すために、最低限の防御を固めておく必要がある。

日本人はほんとに優しい人が多い、振り込め詐欺の被害が後を絶たぬ

振り込め詐欺事件のニュースが後を絶たない。

老人のなけなしの貯金をかすめとっていくのは許せないが、こちらも身構えておく必要がある。

振り込め詐欺にだまされるなんて、と油断してはならない。

日本では、詐欺ではなくても合法的に他人の金を1円でも多くとろうとしてくる奴らでいっぱいだ。

日本人は優しいので、疑いもせずすんなりとお金を払ってしまう。

気づかなければ死ぬまで余計なお金を払い続けて、自分は苦しい生活を送ることになる。

資本主義社会は金持ちほど勝てるゲーム

資本主義ではお金こそ正義、お金をたくさん持ってる人が簡単に勝てるようにできている。

お金を持ってない貧乏人は、苦しい生活を余儀なくされる。

それなのに貧乏人は貧乏ゆえ、ますます金を搾り取られやすくなっている。

冒頭の消費者金融だが、私も若いころ借りたことがある。

今にして思えば消費者金融からお金を借りる人は、お金のことをわかってない人だ。

当時で30万円借りて、すぐにどうにもならなくなり、親に泣きついた。

ほんとに恐ろしいことをしたと思う。

今でも住宅ローンと奨学金の返済をしているが、それとは種類が違う。

自分の欲望のまま、無知と怠惰にあぐらをかいて、簡単に人生を一発逆転しようとすれば、待っているのは破滅だ。

お金がなくて貧乏ならば、それなりの生活がある。

注意するのはただ一つ、「人生に一発逆転はない」これを肝に銘じること。

サラリーマンにできることは、まずガッチリガードを固めること

ただでさえ必要最低限の給料しかもらえないサラリーマンが無駄な出費をしていたら、経済的独立を果たすのは夢のまた夢である。

払わなくてよいお金は払わないに限る。

自分も最近ようやくやったのが、格安SIMへの乗換え。

スマホ代が半分以下になり、解約金もすぐにペイできる。

何で早くやらならかったのかと今でも後悔してる。

住宅ローンについては、自分はすでに返済中なのでどうしようもないのだが、

まだ住宅を購入してない人にはよく考えてほしいと思う。

低金利といっても、価格自体がハンパないので支払う利息はそれはもう・・・。

35年ローン契約済みの私が言うので参考までに。

あとは見栄を捨てることだ。

見栄のためにお金を使えばキリがない、すぐにお金は消えていく。

必要なモノはシェアしたり、安いモノでも代用できる。

買う前にほんとにそれが必要か考えるべきだ。

空き時間で自分の商品を作る、将来のために種をまくこと

お金の防御を固めたら、あとは将来のために種をまく。

自分の商品を作って、労働力以外でお金を稼ぐのだ。

残業は簡単に稼げるが、いつまでたっても楽にならない。

健康をくずしたり、家族との時間をなくす可能性もある。

本業は最低限の時間で切り上げ、時間と心の余裕を作る。

余裕がないと、創作はできない。

楽になるために、意識して余裕をつくろう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。