逆ぶら下がり健康器の部屋引っ越し、1人じゃ無理なので2人で運ぶ

一度は試してみてほしい、逆ぶら下がりは人生を変える!

部屋引っ越しのため、最後の大物、逆ぶら下がり健康器に取り掛かることにした。

まず、デカすぎてそのままだとドアすら通らない。

しかたなくバラすことに。

ネジ2か所を外せば、とりあえず2つに分解できる。

倒し板と前足、そして後ろ足。

ナットのみ外して仮接続状態にし、分解できることを確認。

そっと片方のネジから外し、もう一つも外す。

差し込みのところが固くハマってるので、力入れて外す。

なんとか2つにバラせた・・が・・・。プルプル。

2つを引き離そうとするが、これ・・・無理・・・。

ちなみにここまで1人作業。

下階にいた妻が、ガタゴトデカい音に気付いて飛び込んできた。

「何してんの!。作業するなら呼びなよ!」

組み立て、分解、運搬は複数人で作業すべし

変な意地を張って、一人で引っ越しして見せる!と意気込んでいたのだが、まず無茶であった。このままやってたら、指詰めてたかもしれない。

なので、逆ぶら下がり健康器を扱う際は必ず複数人で!って当たり前の話だった。

この後は、妻と2人で部品を運び、新部屋で組み立て、ネジを付けなおし引っ越し完了。

試しにぶら下がってみると・・・、よし問題なし、いつもの逆ぶら下がりだ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。