花粉症がつらい、こんなときは発想を切り替えて今の日本に生きてる幸せを実感する

花粉症がひどい。

鼻水が止まらない。頭はボーッとする。

薬でだいぶ抑えているが、つらすぎる。

こんなときは勝手に妄想して、今の幸せを再確認する。

五体満足で衣食住がある

足が2本あるので、自由に歩ける。どこへでも行ける。

手が2本あるし、たいていのことはできる。ゲームもできるし、ブログだって、勉強だってできる。

健康であることが何よりだ。今は花粉症だが、これも一時。99%は健康だ。

金持ちでも国王でも自由に歩けなかったら、だいぶつらいでしょ。

今は、バリアフリーも進んでるといっても、まだまだ。寝たきりになったら、何の楽しみもない。

今の日本では衣食住にも困らない。餓死するのはほぼ無理。

食べ過ぎで病気になるくらい。それくらい日本は豊かすぎる。

洗濯なんてしてるからね。しかも自動で。

洗濯する水に困る国もあるし、よかったよ日本で。

家族がいる幸せ

幸せなことに家族がいる。

妻と2人の子供。

妻とは喧嘩する。長女にはすでに口で勝てない。長男はぎゃんすか泣く。

これが幸せだ。

これ独り身だったら、寂しすぎるよ。

家族がいるときは家族のありがたさは気づきにくい。

でもにたまに、一人だったらと考えるとぞっとする。

家族はかけがえのないものだ。

仕事もあるし、お金の心配もない

新入社員当時の情熱はかけらもないが、幸いまだ正社員で仕事に就いている。

休日が待ち遠しく、休日最終日は寂しさを感じるが、それでも仕事できるのはありがたい。

98%はつまらない、おもしろくない。

だがたまに熱中して時間を忘れたり、やりきったりして充実感を感じることもある。

会社は大手だし、ブラックでもないので恵まれている。

給料もそれなりにある。

今はお金に困窮することもない。

贅沢しなければ子どもも育てれるし、それなりに旅行だって行けるだろう。

それでもお金欲しいとか思うが、欲張りすぎだよ。十分に持ってるし、ほんとに欲しいのはお金じゃないでしょう。

楽しいとか機嫌よい状態であって、それもうあるしね。

内戦とか北とか

中東では今日も生き延びれたと安堵している女性子どもがたくさんいる。

男はほとんど戦場に駆り出されている。

北は外の世界を知らずに、飢餓にあえぎ、頭に受話器を乗せたやつが神だと思い込んでる人々がいる。

日本に生まれただけで十分だよ。

モリトモとかカケイとか掛けそばとかどうでもいいよ。

今日、命の心配せずに暮らしてるだけで、奇跡だ。

銀河の片隅で自由に生きる

私は何を悩んでいたんだ?

宇宙の広大な空間の中の、地球という点の中の、あるのかないのかどうでもいいこの日本で、適当に生きよう。

机の上には鼻水をかんだティッシュの山。

つらすぎる。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。