年度初めは休みの計画を立てる、休みは貯金と同じで最初に天引きしておく

平成30年度が始まった、平成も来年で終わり。

年度初めは計画を立てるのだ。

そう、休みと遊びの計画。

休暇は貯金と同じで、余ったらなんて言ってたら一生とれない。

余ったお金で貯金、なんてできたことがない

私は貯金できない人間だ。

だから天引き貯金をやっている。

なぜお金は余らないのか。

お金を使うと楽しいし、気持ちいい。

人はお金を使うことが大好きだ。

そしてみんなお金が好きなので、お金はお金があるところへ集まるようになっている。

小市民のお金なんて、すぐに金持ちのところへ吸い上げられる。

お金をガッチリ守ろうとしても、いつか爆発して自ら散財、そしてますますお金が遠ざかっていく・・・。

お金は川の流れによく例えられるが、ほんとにそう思う。

流れ自体がお金。今持っているお金の量は関係なくて、どれだけ自分を介して流れているかが大事だ。お金を流す奴にはどんどんお金が流れていく。

休みも同じ、時間が余ることなんてない

休み、休暇、時間も同じ。

余った時間で休憩しようなんて言ってたら、一生休憩できない。

年度末に有給とろうと思っても、まあとれない。

時間は余裕のある人へ集まっていく。

無駄に忙しく動き回ってる人の時間は、どんどん余裕のある人へ吸い上げられていく。

余裕のある人はますます余裕になりゆったりくつろぐ。

忙しい人は、時間をつくるためにますます忙しく働く。

書いてて訳わからなくなってきたが、言いたいのは休む時間を最初からとっておくこと。

時間なんて余らない。

時間を自分のために天引きしておく。

この日は休む、何もしない、自分だけの空白時間、を計画しておく。

自分の時間を大切にできると、他人にもやさしくできる。

自分と他人に寛容になると、ますます余裕ができ、ますますゆったり・・・・。

できるだけ大きな時間枠で休みをとる

休みはできるだけ長期間まとまった時間がいい。

小刻みな時間で休んでもいいが、年に1回は1か月まるまる休暇がとれたら最高だ。

サラリーマンでは厳しいが、1週間なら何とかできそうだ。

1週間の休みがとれたら、次は1日ずつ伸ばしたり、年に3回ぐらいとったり。

たいていは自分自身でブレーキかけて言い訳してやらないが、やっちまえばどうってことない。

長期間休んでリフレッシュするのは、働き続けるために大事だ。ずっと単調に働いていたらそのうち壊れてしまう。

休み続けると、今度は逆に働きたくなってしまう。思いもよらないアイデアがどんどん出てくる。計画的に休むことは人生を生きることに必要不可欠だ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。