~夢の中の第4階層へ、何度見ても引き込まれるSF映画~ 映画「インセプション」


インセプション (字幕版)

大好きな映画「インセプション」がなんとプライムビデオにラインナップされていた。

2010年公開のちょっと古い映画だが、当時映画館では2回観た。

今回久々に観直しても、やっぱりおもしろかった。

ドム・コブは、人が一番無防備になる状態――夢に入っている時に潜在意識の奥底まで潜り込み、他人のアイデアを盗み出すという、危険極まりない犯罪分野において最高の技術を持つスペシャリスト。だがその才能ゆえ、彼は最愛のものを失い、国際指名手配犯となってしまう。

監督クリストファー・ノーラン、主演レオナルド・ディカプリオ、渡辺健も主要キャストとして出演している。

舞台は他人の夢の中、さらに奥深く潜り込む

ディカプリオ演じるコブは、他人の夢の中に潜り込み、貴重なアイデアを盗み出すという危険な仕事をしている。

コブは、サイトー(渡辺健)からある仕事を依頼される。

それは夢の中でアイデアを盗むのではなく、逆にある考えを植え付ける「インセプション」だった。

インセプション遂行のため、コブはチームを作り入念な準備をする。

そして作戦実行のとき。

舞台である夢の第1階層からハプニングが起き、いきなりピンチとなる。

さまざまな困難を乗り越え、何とかインセプション本番の第3階層へたどり着くが、最後の最後でまた困難が待ち受ける。

インセプション作戦は失敗かと思われたが、禁断の第4階層へ最後の希望をかける・・・。

1回観ただけじゃ物足りない

夢の階層から戻ってくる「キック」というのがおもしろい。

夢の奥深くへ潜ると、時間の流れが遅くなるというのもストリーリーのポイント。

1回観たあとに、またもう1回観たくなる。

2回目で細部を補完し、なるほどと納得できるおもしろさがある。

マッドマックスのトム・ハーディも出演してて、キャストも豪華だ。

インセプション (字幕版)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。