スマホは見るな、簡単に情報断食したいなら歯医者と散髪がおすすめ

仕事休み、歯医者と散髪に行ってきた。

この2つは似ている、こちらはただ受け身でじっとしている。

ずっとスマホを見てるわけにはいかないので、仕方なく自分と向き合う。

情報断食し、瞑想状態になりやすい。

スマホ中毒に陥ってるなら、歯医者と散髪に行って情報断食しよう。

電車、店、学校、会社、家の中だってみんなスマホ見てる

電車の中はスマホを見るか、寝るか。

今は学校や会社だって、みんなスマホを見てる。

子どもが遊んでって言ってるのに、スマホを見てる(反省)。

もうみんなスマホ中毒だよ。

スマホに使われている状態、企業や支配者層に洗脳されているかもしれない。

先日は、スマホ見ながら自転車こいでたら人を死なせた、っていうニュースもあった。

あの小さな端末にみんな人生を握られてしまったのか。

つまらない情報に触れてないで自分自身と会話する

スマホを上手く使えば便利だけど、たいていの人はしょうがなくヒマつぶしでやってる。

自分も同じ。

気づいたら1時間、2時間スマホ見てたってことがある。

妻や子供に「すごい怖い顔してるね」って言われて愕然したこともある。

たいしたことやってない、ただゲームしたり、つまらないサイト見てるだけ。

こんなこと死ぬまでやるんだろうか。

自分のやりたいことはこんなことなのか。

スマホやってた時間で、別のことがいっぱいできたじゃないか。

ブログや運動、子どもと遊ぶ、料理する、新しい勉強する・・・、後悔しかない。

スマホでヒマつぶしするくらいなら、自分自身と会話した方がよい。

自分は何がしたいのか、何が好きなのか、今楽しんでやってるのか。

歯医者と散髪で強制的に瞑想する

どちらも相手から話しかけられたら難しいが、私はしゃべらない方が好きなので、たいていそってしておいてもらえる。

歯医者も散髪も受けている間は強制的に情報断食し、いやがおうでも自分の内面と向き合うことになる。

スマホしてたら思考は停止、考えることなんて皆無。

ただ垂れ流しの情報を受け取って、自分を不機嫌にし、ますます思考力低下、ネットで安易な情報を求め彷徨う・・・。

情報を一度遮断した状態を作るには、歯医者と散髪はおすすめ。

そう、そうでもしないと私はスマホという麻薬に依存しているのだ。

自分の感情と機嫌に注意を払おう

自分の感情と今の機嫌に最大限の注意を払おう。

楽しくないことや不機嫌になることをやってる時間なんてない。

自分の感情に注意を向けていれば、今やっていることが自分にとって良いのか悪いのかはすぐわかる。

楽しくなることをやればよい。あと身近な人も楽しくなればなおいい。

嫌なことをやってるには人生はあまりに短い。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。