映画「いぬやしき」 空飛ぶ映像トリップ!木梨憲武の演技、佐藤健の狂気が堪能できる

「いぬやしき」を鑑賞。

予備知識なしだったが、エンドクレジットでガンツの奥浩哉氏原作と知って納得。

木梨憲武の演技、佐藤健の狂気、CGアクションがすごかった。

CGを駆使したトリップアクションムービー

ある日機械の体になってしまったジジイと高校生。

特別な力を持った2人が対極の道を歩む。

正義のヒーロージジイと、極悪の高校生。

2人の対決は空を縦横無尽に駆け抜けて、ついに決着。

CGアクション、空飛ぶ映像トリップの予告ワードのごとく、ほんとにすごい空を駆け巡る。

気持ちいいアクションと、正義と悪それぞれの物語が作られ対決していく。

おもしろかった。

木梨憲武氏のダメリーマンぶりが切なく、ヒーローがより輝く

久々の主演。とんねるずの木梨憲武氏。

長年続いたテレビ番組が終了して話題となっていたが、この人は多才ですね。

以前は個展を兵庫県立美術館へ行ったことがある。

俳優としてもすごい。前半のダメリーマンぶりがもう切ない。泣けてくる。

機械の体となって正義のヒーローになるのだが、ダメジジイなりのヒーローとして少しずつ自信を取り戻していく。

最後のバトルは本当のヒーローとなりかっこよかった。

狂気に満ちた佐藤健、この世代で飛びぬけた演技力

たくさんの映画に出演してるし、安定して見られるね。

今回は超極悪の殺人鬼となるが、その狂気がすごい。

人間味を感じさせるシーンもあり、ただの悪人じゃないんだよね。

佐藤演じる獅子神に感情移入してしまいそうになる。

最後は木梨、佐藤とも裸になってバトルするのだが、佐藤健は結構いい体してたわ。

アニメ版がなんとアマゾンプライムにある、見なければ

原作の漫画とアニメ版もあり、なんとアマゾンプライムにラインナップしているではないか。

次はアニメを制覇しよう。

アマゾンプライムビデオ いぬやしき

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。