~ドウェインジョンソンの肉体とキメ顔に惚れる~ 映画「ジュマンジ ウェルカムトゥジャングル」

予告で魅せられた作品。

本作はやっぱりおもしろかった。

ガリガリオタク高校生がロック様に変身

この設定だけで魅力的だ。

ドウェインジョンソンといえばハリウッドのトップ俳優だが、私にとっては筋トレ雑誌でよく見るゴリマッチョ、かっこいい男、まさにゴリラ。

やっぱり別格の肉体だった。丸太のような腕、分厚い胸板、まさにゴリラ。

男の中の男。ロック様が好きなら見るしかない映画だ。

~あらすじ~

高校生4人がジュマンジのゲーム内に吸い込まれ、それぞれ架空のキャラに転生。

独特のスキルと弱点を持ち合わせ、力を合わせてジュマンジ内でのゲームクリアを目指す。

ゲームというだけあって、ライフが3個あったり、NPCは不要なこと言わない、フラグ決定の効果音「ドンドンドン・・・」がツボったりと、よくできた映画だった。

ゴリマッチョのキメ顔を見れただけで満足だ

主人公のスキルのひとつ、「キメ顔」。

どんな役にたつスキルやねん。

でも、劇中に何回も畳みかけてくるので笑ってしまう。

効果音とともに、ドウェインジョンソンの遠い目、まさにキマッた。

映画で見た方が早い。

これだけでももう1回映画館に見に行きたいわ。

魅力あるキャラ達とゲームの世界を満喫する

ドウェインジョンソンの他のメンバーも魅力的。

かわいい女子が中年デブおやじになるのも必見。おやじが体を使って女の魅力をレクチャーするシーンは見事だった。

他にも、物語のカギとなるゲーム内の先人プレイヤー、同じことしか言わないジュマンジ案内役のNPC、敵役のその悪役っぷりの顔と、魅力あるキャラがたくさん登場する。

カバに食われたり、スキル無双したり、死んだら空から落ちてきて復活など、随所でツボにくる映画となっており、友達でもカップルでも楽しめる映画だ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。