神戸動物王国 休日幼児連れの注意点

動物達と間近で触れ合える神戸動物王国に行ってきた。

珍しい動物も多く、子ども達は楽しんでくれたようだ。

今回は休日朝一で行ったのだが、その際の反省点を記しておく。

休日開園時は激込み、幼児連れは入園チケット事前入手必須

朝一は家族連れが並ぶ、とにかく多い。

真冬の厳しい寒さの中、開演前に入園チケット購入のために並んでいたが、

子どもたちには酷だった。

チケット購入の列はすごく並んでいたが、チケットを持っている人が並ぶ入場ゲートの列はほとんど人がいない。

そう、事前にチケットを準備する人は少数で、彼らが勝ち組だ。

動物王国の入園券はコンビニやポートライナーのセット券など、事前に購入できるのだ。

そうすれば、開園5分前にきて、スイーッと入場できる。

午後からゆっくり来園するなら並ぶこともないが、私の場合は朝一で来園して、午後早くに帰り昼寝させたいという魂胆もあった。

行列に並ぶのは、すでに勝負に負けていたのか・・。

休日にベビーカーは厳しい

1歳の長男は歩けるが、長時間は厳しいのでベビーカーは必須だ。

しかし、いかんせん今日は休日だ。

人、人、人。

ベビーカーで自由にゆるく園内をめぐるのは、到底無理であった。

お互い様なので通路を譲り合うのだが、これはストレスである。

ベビーカーで来るなら、断然平日である。

12時にランチでは席がない、ランチするなら11時に食べよう

園内で食事できる箇所はいくつかあるが、12時に席を求めても休日はほぼ無理である。

ランチするなら、11時に席を確保するべきだ。

少し早いかもしれないが、快適に食事するなら、11時台に席をとってゆっくり食事するに限る。

10時から園の半分を攻めて、11時にランチ、12から後半戦~というのが

幼児連れにはおすすめだ。

まとめ

神戸動物王国はアルパカやカピバラなど、かわいくておとなしい動物に触れ合えるので、小さい子どもも大はしゃぎだ。

また屋内エリアがあるので、冬でもあったかい。

事前の準備を万端にして、家族でレジャーを楽しもう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。