レゴデュプロの基礎板は大きいほど大活躍、子どもの創造性を刺激する


アマゾンで売ってる基礎板。レゴデュプロでももちろん使える。

基礎板は大きければ大きいほど便利である。

レゴデュプロに基礎板は必須

レゴで遊ぶ場合は基礎板は必須だ。

なくてもブロック同士をつなげることはできるが、ベースが決まらないとと遊びにくい。

物理的に固定しないと不安定というのもある。

基礎板という決められた空間を与えてやる方が、創造性を発揮しやすいのだ。

基礎板があるとどうやって遊ぼうかと、子どもは考える。

端っこから組み立てたり、真ん中から攻めたり。

基礎板の空間の中で、自分の世界を作る遊びが最大限に繰り広げられる。

なぜ大きいほどよいのか

今回の基礎板は38センチ四方もある大きなサイズだ。

純正品で小さいものもあるが、基礎板は大きい方がよい。

小さいと単純にブロックで組めるサイズが限られて、遊びが広がらない。

38センチもあれば幼児にとっては十分なサイズだ。

大人と一緒に遊んでもエリアを分けて遊べるし、共同作業もできる。

もちろん小さな基礎板でも連結していけば使えるサイズにはなる。

大きなサイズで子どもの創造性を刺激しよう。

収納は立てかけておけば場所をとらない

基礎板はサイズが大きいが、薄いので立てかければ場所をとらない。

ブロックを収納する入れ物の隣に立てかけておけばスッキリだ。

慣れてくれば子どももきちんと片づけてくれるようになる。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。