アイツが憎い、嫌いな奴に復讐する唯一の方法はこれしかない

学校でも会社でも嫌いな奴はどこにもいる。

私も職場に嫌いな奴がいる。

こいつさえいなければ、俺は幸せになれるに。

こう考えていると、その嫌いな奴に完全に支配されている。

そいつのことは忘れて、自分が熱中できる楽しいことをやろう。

嫌いな奴のことを考えるほどヒマな証拠

嫌いな奴のことを考える、憎んで憎んで憎らしい、って余裕があるのはヒマな証拠。

人生は嫌いな奴の考えてる余裕なんかない、そんな悠長なことしてたらあっという間にジジイになってしまう。

嫌いな奴に四六時中とらわれてるのは、そいつの思うツボだ。

嫌い奴のために自分はこんなに苦しんでいるのだ。

考えるほどアホらしくなってくる。

嫌いな奴と同じレベルまで落ちこぼれる必要はない。

そいつを地獄に叩き落す唯一の方法はこれしかない。

最大の復讐は、楽しくはつらつと生きること

嫌いな奴のことはほっといて、自分が楽しいことを思いっきりやること。

時間を忘れて、没頭すること。

はつらつと生きること。

そしたら嫌いな奴はいつの間にかどうでもよくなる。

やりたいことをやるのに夢中で、余計なことは考えなくなる。

ウジウジしないで、やりたいことをやり続けるしかない。

もっとわがままに生きよう、やりたいことは全部やる

自分の人生の言い訳を他人になすりつけても、どうにかなるわけでもない。

まして嫌いな奴を心の中で憎み続けても、そいつが自分の中で大きくなって太刀打ちできなくなる。

自分が楽しくないのは、自分がやりたいことをやってないからだ。

それは自分が決めたことなんだ。

誰もやるなとは言ってない。

自分でブレキーをかけてるだけ。

やってみて失敗したり、笑われても、しょせんその程度だ。

誰も自分のことなんか気にしてない。失敗しても笑われるだけなら、やらない理由がない。

100年後は誰もこの世にいなんだぞ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。