ヘルニア持ちの筋トレは無理しないことが大事、適当にゆるく継続しよう

椎間板ヘルニアになって約1年、逆ぶら下がり健康器によりだいぶマシになってきたので、最近ジムで筋トレする頻度が多くなってきた。

一度は試してみてほしい、逆ぶら下がりは人生を変える!

筋トレはほんとに中毒性がある。

やりこむほどに気持ちよくなり、体も変わってくる。

ここでフォームを無視してひたすら重量を上げていったため、去年はヘルニアという痛い目にあった。

これを教訓に、今後は自分の体にもっと気を配り、筋トレはゆるく継続していくことにする。

椎間板ヘルニア、それは無知の結果であり防ぐことができる

椎間板ヘルニアは急には発症しない。

少しずつダメージが蓄積されて、違和感から激しい痛みへと緩やかに進む。

ヘルニアの足のしびれ、時たま来る「ピキーン」という激痛、それ自体もつらかったが、私が地獄を見たのはその後、治療中の断薬時である。

ヘルニアには神経の痛みを和らげる薬が処方されるが、これはかなり効き目があり、「強い」薬だ。投薬中は献血も拒否される。

飲んでいる間は痛みが和らぐ。ヘルニアを忘れることができる。

しかし、これはあくまで対処療法。

死ぬまで飲み続けるわけにはいかない。

通常は少しずつ減薬していくものだが、私は勝手に断薬してしまった。

いままで飲んでた薬をある日を境に、スパッとやめたのである。

詳細はまた別の機会に書くとして、ほんとにひどかった。

1か月苦しんだが、まぁアホなことしたわ。

ヘルニアなんかになるもんじゃない。

それでも筋トレは楽しいし、筋肉痛が心地よい

足の痛みが緩和されると、また筋トレがしたくなってくる。

やってるときは苦しいのだが、やり終えたときの爽快感、翌日の激しい筋肉痛がもう病みつきになる。

ジムに行ってやるというのも好きだ。

家ではやる気が起きないし、誘惑もいっぱいある。

しかし、ジムに行けばそこは筋トレ野郎どもの集まり。

いやでもやる気が湧いてくる。

でかいカラダを見せられて、見てるだけってはもう無理だ。

重量を上げることが目的じゃない、デカくなりたいんだ

しかし、一度ヘルニアをやった身としては今までと同じ筋トレはできない。

ヘルニアをやった奴は爆弾持ちとして、いつ再発するかわからない。

腰に負担がかかる筋トレはご法度だ。

パワーベルト必須の種目はまだ怖くてできない。

しかしパワーベルト系が一番体をでかくするのに重要だったりする。

そこは工夫して、腰をいたわったメニューでやるしかない。

チンニングとか、ディップスとか、腰にやさしく、でも難易度高い種目がある。

ヘルニア持ちは無理ができない。

だからこそフォームを大切にして、いかに楽に効かせるかが重要になる。

重量を追い求めるのは卒業だ。

目的はデカい体をつくること。

そのために筋トレは必要なことだが、最優先じゃない。

体づくりなら食事、睡眠の方がもっと大事かもしれない。

筋トレは大切な趣味だが、歯を食いしばって努力するものじゃない。

大切なのは継続すること、適当にゆるく続けて行こう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。