幼児の鉄板ネタ、「おしりたんてい」の絵本にハマる

アニメで子どもがすごい食いついていたので、絵本を購入。

発行が2012年。

意外と年数経ってるな、もっと最近出たものと思ってた、「おしりたんてい」。

名前と顔だけ見たらフザケてるが、子どもはやっぱりこういうのが大好き。

絵本もよくできてる。

「おしり」なのにシュールな探偵にハマる

顔が尻、尻顔、つまりその割れ目は何なんだ、ってアホらしくなるけど、これがおしりたんていの全て。

もう子どもが食いつかないわけがない。

しかも結構シュールで真面目で紳士的なキャラ。

お尻のくせに真面目に事件を推理していきやがる。

なんてやつだ。

「しつれいこかせていただきます」、参りました

決めゼリフとともに、お尻から渾身の放屁。

見開きページにまたがるド迫力の絵面と、まともに食らって堕ちる犯人。

あと相棒のブラウンも毎回巻き添え食らう。

お尻にここまでキャラクターとストーリーを掛け合わせた作者がすごい。

子どもはもう夢中だよ。

私はあと何回、お尻探偵の放屁場面を読み上げるのだろうか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。