努力して残業して仕事して何が残るのだろうか、何も残らないので定時になったら帰ろう

皆さんは毎日仕事を定時で上がっているだろうか。

仕方のないトラブルを除いて、ダラダラと残業していないだろうか。

職場の雰囲気に流されて、ただいるだけの残業をしていないだろうか。

そうであるなら、即刻やめるべきだ。

残業しても何もいいことはない。

必死に努力して残業しても、何も残らない。

残るとしたら、みそッカスみたいな残業代だけだろう。

残業することのデメリットをまとめる。

仕事がどんどん増える

基本的に仕事をすればするほど、仕事は増える。

仕事は仕事のできるやつに振られるし、会社に長時間いる人に振られる。

残業すればするほど、仕事は増え続け、いいように使われるだけだ。

もう何に手を付けていいかすらわからなくなる。

楽になることは永遠にこない。

だから、定時というラインで一旦やめるのだ。

明日になれば嫌でもまた仕事しなければならないのだから、定時で上がるべきなのだ。

定時で帰ることが定着すれば、そのうち残業を振られることはなくなる。

振られたとしても、定時になったら帰るだけだ。

出世できなくなる?

バンザイ!

無理をして体調をくずす

長時間労働をしていれば、誰だってそのうち体にガタがくる。

ロボットではないのだから、永遠に働き続けるなんてことはできない。

毎日適切な休養が必要だ。

無理したら体調をくずしたり、鬱になったりして入院することになるかもしれない。

長期間働くことができなくれば、会社を退社せざるを得ないだろう。

会社のために残業して会社をやめることになれば、もう同情するしかない。

人間、健康が一番である。

貧乏のままである

残業代のために残業していたとしても、金銭的に裕福になることは一生ない。

逆説的だが、働けば働くほど金持ちにはなれないのだ。

わずかな残業代を稼いだとしても、税金とストレス発散の散財に消えるだけだ。

稼ぎたいなら、定時で上がってお金を使おう。

本を買ったり、リッチなお店で食事したり、旅行に行ったり、

大切な人にプレゼントを買うのもいい。

会社の中の小さな世界でせこせこ残業していても、あなたの器は大きくならない。

外の世界で身銭を切って、いろんな体験をしよう。

あなたが楽しんで飛び回るほど、お金が吸い寄せられてくる。

家族関係が崩壊する

残業ばかりして家族をないがしろにしていたら、そのうち愛想をつかされる。

家族のために仕事をしてるんだ!なんて言い訳はいらない。

家族にとっては残業代よりも、少しでも一緒にいてほしいのである。

一緒にご飯を食べたい、子どもにかまってあげてほしい、旅行にも行きたい・・・、

とあなたの家族は思っているかもしれない。

家族より大事な仕事なんてこの世に存在しない。

家族がいるから、あなたは毎日食事ができて、健康でいられるのである。

家族は大切にしすぎても、しすぎることなんてない。

まとめ.

残業は諸悪の根源である。

何の楽しみもない破滅の道を歩みたければ、残業すればよい。

私は今日も定時で帰る。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。