台風21号が関西直撃、こんなとき持ち家の選択を後悔する・・・

関空水没にタンカー衝突、六甲アイランド浸水に火災・・・と非常に強い勢力と言われていた台風21号は関西に甚大な被害をもたらした。

自分の家と家族は無事だったが、大阪の方は停電や家屋被害が大きいようだ。

命があるだけ幸せだが、やはり自然災害には逆らえない。

持ち家を買っちまったのは、やっぱりかなりリスキーだなと思う。

台風地震大国の日本で35年ローンに耐えれるのか

ニュースやツイッターで台風被害の動画を見ると、もうなすすべがない。

台風にやられるまま。

家は吹き飛ぶわ、車は宙を舞うわ、電柱はなぎ倒されるわ。

あと南海トラフ地震もずっといわれてる、震度7強がくればもう壊滅。

火災保険はあるが、持ち家がぶっ潰れたらそりゃ半端ないよ。

こんなリスキーなことよくやったな。

と、災害のたびに少し後悔している。

賃貸の方が気楽でどこにでも住める

それに比べて賃貸は気楽だ。

持ち家に比べて、経済的負担が軽い。

あくまで借り物なので、自由に引っ越しできる。

35万年という途方もない奴隷契約に縛られることもない。

経済的独立を目指して、開き直るしかない

持ち家を買ってしまったので開き直るしかない。

災害で家がぶっ壊れたら、そんときだ。

家族が生きてれば、それで御の字だ。

ローンという足枷はあるが、少しでも楽できるように収入を増やすのだ。

副業収入でローンが賄えれば、かなり楽になる。

自分の資産となるものに時間を費やそう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。