スマホケースはガチガチ系、落としても絶対に壊れない仕様のものを

スマホのケースはハード系でガチガチに固めている。

超ハードタイプのメリット、デメリットを紹介する。

メリット どんなに落としても壊れない!

一番のメリットはこれ。

常時持っているスマホはいつだって、手から滑り落ちるのだ。

今まで何度落としたことかわからない。

しかし、このハードタイプである限り、スマホへのノーダメージを約束してくれる。

米国海兵隊ゴリマッチョ系の最強ボディーガードなのである。

私には小さな子どもがいるが、子どももスマホを触ることがある。

子どもがスマホを触るときは、50%の高確率でスマホを落とすといっていい。

それでもハードケースであれば安心だ。

投げつけない限り、壊れることはない。

スマホを投げたり、投げつけられた場合は事件である。

私はiPhoneを愛用しているが、iPhone端末はそのスペックとブランド力がゆえにとにかく高い。

壊れてしまったら、買い替えるのに相当な出費である。

iPhoneを長く愛用するためにも、スマホケースの出費は必要経費である。

デメリット とにかくゴツい、手が小さい人は持てない

スマホの耐久力を高めてくれる最高のハードケースだが、デメリットも強烈だ。

見た目がとにかくゴツくなる。

iPhoneの洗練されたデザイン、フォルムがすべて台無しだ。

Apple愛用者でありながら、Appleを真っ向から否定することになるのだ。

そしてそのゴツさゆえ、とにかくでかい。

手が小さい女性には扱うことはもはや不可能だ。

Appleの技術を集結して、iPhoneがどんなに薄くなったとしても、ユーザー自ら分厚くしてしまうのだ。

たまにハードケースを外してみると、iPhone本来の薄さに愕然とすることがある。

超ハードタイプのスマホケース、デメリットもあるが、スマホを長く愛用したい人にはおすすめである。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。