~エレンとジークの目的とは~ 進撃の巨人ネタバレ 第108話「正論」

兵団幹部は義勇兵たちがもたらした酒を飲みながら、ヒストリア妊娠について談義。

ヒストリアの相手は、かつてヒストリアに石を投げていた子どもの一人だった。

罪悪感から孤児院の牧場で働き始め、ヒストリアから接触したらしい。

妊娠すれば巨人にならずに済む、ヒストリア本人がそう思ったのか定かではないが、妊娠を選択したのは事実。出産するまでは巨人になることはない。

調査兵団、マーレ潜入までの流れ

ミカサの回想。

ヒィズルからの回答を待つ間、104期たちは線路開拓の力仕事に精をだす。

ヒィズルからは平和的協力は得られず、あくまで地ならしメインの軍事同盟。

ヒストリアが獣を継承し、王家の血をつないでいくしか道はない・・・。

ハンジはこのまま手をこまねいて待つのでなく、マーレに潜入し世界に会いに行くことを提案。調査兵団の本分をもって事態打開を図る。

これがレベリオ収容区惨劇へとつながる。

エレンと104期、調査兵団は1年前までは意思疎通できていたのに

自分の巨人の継承者を懸念するエレン。

私が引き継ぐとおのおのに言う104期たち。

エレンは104期には継承させたくない。

一番大事な仲間だから。

このときはまだエレンと104期、兵団は仲間だったはず。

しかし、レベリオ戦を経て、エレンと兵団には溝が入る。

大勢の人を殺し、兵団を危険にさらし、サシャや他の仲間も死んだ。

エレンの単独行動で、兵団を強制的に戦場に参加させたのだ。

エレンとジークは2人で会ったのか、何が交わされたのか

エレンとジーク、2人の間でどんなやり取りがあったのか。

マーレ潜入時に2人きりで直接あったのだろうか。

エレンの暴走にも見える行為に走らせたのは、一体どんな理由があったのか。

前話のエレンの自らを鼓舞する「戦え」のセリフを思い出す。

マガト戦士隊復活、鎧ライナー無双にちょっと期待する

マガト復活。

ジークの裏切りはほぼ確定。

世界連合軍により、パラディ島焦土作戦を宣言。

しかし作戦は早くて半年後。

世界連合軍集結を待たずに、奇襲をかけるべきとライナー。

今やマーレで戦力と呼べるのは鎧ライナーのみではないか。

104期で兄貴分

裏切り発覚でダークな存在

調査兵団に敗北

マーレで復活

エレン登場で自己否定からの殻にこもる

瀕死のポッコ救出でヒーロー

ともう目まぐるしくて、裏主人公的なライナー。

また巨人大戦がみれるのか。

鎧無双が見てみたい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。