棚の容積率は50%以下にすることでストレスフリーになる、そもそもモノが多すぎる

モノを捨ててシンプルな暮らしを目指している。

まだまだモノが多すぎる。

モノが多いと、棚も使いにくくなる。

棚にはモノを入れすぎない、50%以下にする

棚があればモノを極限まで詰め込む。

それはもう棚ではなく廃棄場か埋め立て地、ゴミ溜めだ。

棚とは普段使うモノを便利に出し入れしやすくするものだ。

ギュウギュウに詰めれば、出し入れしにくい。

出し入れしにくいと、だんだん使わなくなるしますますゴミ一直線だ。

美観も悪い。

棚の容積率は50%以下にするべき。これだとほぼスカスカだが、これが気持ちいい。

なんたって出し入れが楽。ストレスフリー。

管理がしやすい。

使ってないものがわかいやすいので、それを処分。ますます便利に。

1年間使わなかったモノは一生使わない

棚の奥でギュウギュウに押し込まれたモノたち。

そのまま生殺しにするより、早く処分してあげてほうがよい。

1年間手につけなかったモノは、もうこの先使うことはない。

きれいさっぱり処分しよう。

1年でも長すぎる。半年か。

必要になったとしても、何かで代用するか、レンタルするか、何とかなる。

ほとんど使わないモノに、家の一部をタダで占拠されることの方が損失が大きすぎる。

不要なモノは私たちにジリジリとボディブローをかけてくる。

無意識のうちにゴミ屋敷精神が溜まってくる。

モノは意識して捨てないと永遠に増殖する。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。