うじうじ悩んでいる時は生真面目に考えすぎている、楽に考えよう、ほとんどのことはどうでもいいことだから

うじうじぐだぐだ、同じことで延々と悩んでいるときがある。

そんな時に自分に言い聞かせるのは、「生真面目に考えすぎだよ」ということ。

もっと楽にいこう。

所詮人生は1回きり、100年後に生き残ってるひとは誰もいないんだ。

こんなところで生真面目にぐだぐだ悩む暇なんかない。

ほとんどのことは「どうでもいい」ことなんだから。

誰もが陥りやすい罠.みんな人生を気真面目に考えすぎてしまう

本当にもったいない。

人生なんて所詮ゲーム。ただのテストなんだよ。

真面目に考える必要なんてない

大好きなゲームのダークソウルだって、何回死ぬんだよ。でも面白いから、何回でもチャレンジするし、そしたらいつ間にかクリアできてたよ。

自分が楽にできる、楽しいと思えることをしたらいい。

1歳児を見てみろ、彼らはただやるだけ

うじうじぐだぐだ悩んでいる1歳児なんて見たことない。

もう彼らはただひたすら目の前の事に熱中してやるだけ。

そこに成功とか失敗とかの概念はない。

これやったら人に変に思われるとか、母上に怒られるとか考えない。

目の前の事をやる事に必死。

ただ、人生を楽しむだけ。

魔法の言葉、「どうでもいい」

生真面目になりすぎたら、「どうでもいい」と唱えよう。

失敗しても気にするな。

嫌な事あっても落ち込む必要はない。

死ぬわけじゃない。

自分のことでこんなに悩んでんのは自分だけ。

誰も気にしてないから。

今この時も、自分は今日関わった他人の事なんか何にも考えてない。

ほとんど思い出せないし、つーか興味ないわ。

人は自分のことしか興味ない。

何も気にする必要はない。

ほとんどのことは、「どうでもいい」ことだから。

アホな人は人生に絶望しない

アホっていう言葉に神経がピキッてなったら、真面目すぎる証拠だ。

生真面目な人はアホになるくらいでちょうどいい。

また気真面目になってたら、「アホやなぁ、アハハ」でいい。

失敗なんてない。

死ぬこと以外はどうでもいいことなんだ。

飯食って、寝て一晩たったら、また元気になる。

必要以上に落ち込むことはない。

失敗してもどうってことはない。

生真面目になったら自分を笑おう。

どうでもいいや、と。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。