仕事で憂鬱になるのは真面目すぎる証拠、適当にやってればいいんじゃね

って自分に言い聞かせてる最近。

本業がダルすぎる。

くそ真面目にやったところで、給料に反映されるわけでもなし。

仕事が終われば次の仕事が降ってくるだけ。

クビにならない程度に適当にやってればいいんじゃね、と思う。

が実際はそんな簡単にはいかない。

一人で働いてれば気楽だが、組織なので人間関係が全て。

あれ、結局人間関係で悩んでるのか。

良好とはいえないし、でも仲いい人もいる。

自分だけサボるわけにもいかんしな。

勢いで仕事をやめれるほど若くない。

家族もいる。

サラリーマンやってるのが一番楽なのは頭ではわかってるつもりなのだが。

遠いどこかに楽して稼げる仕事があるんじゃないか。

会社やめてもなんとかなるんじゃね、とか淡い幻想を抱いたり。

今の安定した生活のありがたみは、何もない平和な毎日では感じにくいのか。

こんなことつぶやいているのも、かなりヒマな証拠だ。

くそ真面目に根詰めず、適当にやっていくのがよろしい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。