バレンタインは怖くない、男性こそ大切な人へチョコをプレゼントしよう

バレンタインが憂鬱だと思っている男性は多いだろう。

私もかつてはそうだったが、今はバレンタインを楽しみなイベントの一つと捉えている。

それは私から家族へチョコをプレゼントしているからだ。

男性こそバレンタインにチョコをプレゼントするべき理由を紹介する。

受け身でいると全然おもしろくない

なぜバレンタインが憂鬱なのかというと、自分だけもらえないと悲しいからだ。

全員もらえないなら何も思わないが、実際もらえるやつがいるから面白くない。

こんなみみっちいことを考えるのも腹がたつ。

だったら自分からプレゼントしようという発想だ。

バレンタインというイベントはまだ当分存在するだろう。

毎年避けられないのだから、楽しいイベントにする必要がある。

プレゼントを贈る側のほうが何倍もうれしい

プレゼントをもらうのもうれしいが、実は贈る側の方が何倍もメリットは大きい。

単純にプレゼントすることは気持ちのいいことだ。

相手が喜ぶのをみるのもうれしいし、プレゼントしたという行為自体が自分の精神的な癒しとなる。

自分に余裕のない人は、他人にプレゼントなどできない。

プレゼントを贈る自分はかっこいいと、ひそかにニヤニヤしよう。

感謝の気持ちを伝えるチャンス

普段、家族や大切な人に感謝の気持ちを伝えることはなかなかできない。

だからバレンタインというイベントを利用して、プレゼントを贈るときについでに感謝の気持ちも伝えよう。

やはり、直接言ってもらえるとうれしいものだ。

普段から伝えることが理想だが、特に男性にとっては難しい。

プレゼントがあると、割とすんなり言えるから安い買い物だ。

女性はチョコが大好き

チョコレートが好きな男性は結構多い。

が、やはり女性にはかなわない。

男性が思っている以上に、女性は甘いものが大好きである。

チョコをプレゼントされて、嫌がる女性を見つける方が困難だ。

誕生日にプレゼントを贈るのはリサーチが必要だが、バレンタインは親切で、

基本テーマがチョコ1本なのである。

迷ったら有名どころのシンプルな物を選んでおけば、間違いないだろう。

注意すべき点は、リキュールが入っている物は食べれない人もいるので、

わからない場合は避けるべきだ。買う前にリキュールが入っていないか確認しよう。

バレンタイン商戦のほうが規模が大きい

きちんとホワイトデーにお返ししているという人も、バレンタインにもプレゼントをするべきだ。

単純にバレンタイン商戦のほうが、ホワイトデーより規模が大きい。

女性がもらってうれしいチョコもバレンタインセールの方が品数は多いだろう。

バレンタインに自分用にチョコを買っている女性もいるので、男性の方からプレゼントしてあげよう。

私は妻に贈る分は、現物を見て選んでもらっている。

百貨店では毎年バレンタインセールとして、ワンフロアにいろんな店が出店する。そこへ家族で出かけるのだ。いろんなチョコを見るのは楽しいし、妻自身で選んでもらった方が間違いがない。

ただ百貨店のバレンタインセールはやはり圧倒的に女性客が多い。男性一人ウロチョロしているとあらぬ疑惑がかかるので注意が必要である。

まとめ

今まで受け身であったあなたも、チョコをプレゼントしてあげたくなっただろう。

バレンタインに限らずプレゼントを贈ることは本当に気持ちがいい。

ホワイトデーはプレゼントしなくてもいいのかだって?

ホワイトデーのお返しは200%必須である。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。